2008年 11月 08日
曽爾高原 ~ススキ野原~
f0184766_212319100.jpg


f0184766_21234936.jpg


f0184766_21242076.jpg


f0184766_21243620.jpg


関西とはいえこの日のドライブは少し遠いので、早朝から家を出ました。
前の記事にある光のシャワーを見ることができて、たまには早起きもいいもんです。
 曽爾高原のススキ野原。。。
ここまで規模がでかいとは思っていなく、圧巻でしたね。
野原にたどり着くまでの急坂の登り道も予想外・・・カメラバックと三脚担いでヒーヒーしてました。。。。
本気でサボってるジムを再開しなくては・・・・
だけどここは気持ちが良かった!! 
ススキだけじゃなくて奥の方に行くと野鳥がいたり、でっかい蛇がとぐろ巻いてて驚いたり・・・
なんだかんだと夕暮れまで過ごしてしまったので写真がたくさんになってしまい、
少し分けて載せていきます

[PR]

# by masagenya | 2008-11-08 21:26 | 風景
2008年 11月 07日
光・・・朝一番の恵み・・・
f0184766_14141066.jpg
 
早朝に車を走らせていたらこの光が目に入って、
思わず車を路肩に止めました
朝の冷たい空気と一緒にお日様の匂いがした。
響き渡る鳥のさえずり・・・

あーこの世は素晴らしい・・・

柄にもなくそんなことを実感しました・・・
こんな気持ちになれるなら、早起きもたまには悪くないな・・・
そう思いながら、目的地の曽爾高原へ向かいました。

[PR]

# by masagenya | 2008-11-07 14:16 | 風景
2008年 11月 06日
冬が来る前に・・・・
f0184766_1522231.jpg


ヤマガラ??・・・


f0184766_1523126.jpg


昔から鳥が好きなのに鳥の名前をほとんど知りません。

自然の中で写真を撮ってると時々目にする野鳥。
自分のカメラ機材じゃ、たいした鳥の写真は撮れないんだけど、
すごく綺麗でナンチャッテ野鳥撮影を始めてしまいます。

冬が来る前にこの実りの秋・・・・  
なんの実をくわえているんだろう?
鳥たちは今、一生懸命食べることが仕事のようですね・・・

[PR]

# by masagenya | 2008-11-06 02:02 | ナンチャッテ野鳥部
2008年 11月 03日
生きるために・・・~ギンガメ~
f0184766_1243278.jpg

ギンガメアジ
このトルネードは水面近くまで続いてます
海底から太陽を見上げて渦を巻いてるようだ
誰が先頭なのかわからない・・・
誰が司令塔なのかもわからない・・・
こいつらは本能で渦を巻いて敵から身を守る
生きるために生きている・・・


時々海の中も紹介していきますね!
水中はすべてフィルム一眼で撮っています。
ワンダイブ50分前後の中で限られた枚数しか写せないのでデジタルとはまた違った気持ちの入り方があります
だけど自分はこのアナログが好きです・・・
[PR]

# by masagenya | 2008-11-03 12:19 | 海。水中photo
2008年 11月 02日
ススキと見た夕焼け
f0184766_14224986.jpg


f0184766_14231763.jpg


f0184766_14234057.jpg

奈良・・・若草山

ススキが見たくて山に登りました・・・・
・・・と言っても車で。。。

来年は歩いて登ってみようかな・・・
カメラバックはかなり重いんだけどな・・・
しばらくご無沙汰してるジム通い
再開するかな・・・
夕陽に間に合わなければ意味がない

[PR]

# by masagenya | 2008-11-02 14:26 | 風景
2008年 11月 01日
秋やけど・・・
f0184766_15573743.jpg


f0184766_15444767.jpg


 秋やけど・・・・
夏の思い出・・・
秋だからそんな思うんやけど
一つの思い出は・・・
二つの明日になるんだと
自分はそう思います

美味そうだ!!
また来年・・・・



滋賀県醒ヶ井 地蔵川にて・・・
[PR]

# by masagenya | 2008-11-01 18:42 | 風景
2008年 10月 29日
頑張ってや・・・  ~夕日と路面電車~

f0184766_1553589.jpg


f0184766_1561428.jpg


f0184766_156325.jpg


昔懐かしい路面電車・・・
今も各地で路面電車が現役で頑張っている姿を時々目にするけど、
ここ大阪でも走ってる!

下町情緒あふれる風景 
日が暮れ始めた鉄橋を、家路を急ぐ人たちを乗せて走る・・・

今日も1日おつかれさま・・・・
明日も頑張ってや・・・・
新しいものに負けず走る路面電車と、ストレス社会で生きる人たちへ・・・

おおきに~~! あんたも頑張りや~!
そんなことを言ったかどうかはわからないけど、
のんびりと電車が走り去って行った
[PR]

# by masagenya | 2008-10-29 15:21 | なんとなく・・・
2008年 10月 27日
琉球雨宿り   ~島猫~
f0184766_1823415.jpg

琉球赤瓦





f0184766_1825077.jpg

・・・・・





沖縄県は慶良間諸島に浮かぶ島・・・
飼われてるのかノラなのかわからないけど、猫がたくさんいます。
沖縄の人を一般的に「うちな~んちゅ」って言いますけど、島の人は「島んちゅ」です。
阿嘉島だと「阿嘉んちゅ」なんて言われることもあるみたいです。
きっとここの猫たちは、島から出たことのない純粋な「島んちゅ」ですね。




自分は海が好きでダイビングをするんですが、この慶良間には15年ぐらい通ってます。
島も昔とはずいぶん変わったけど、まだまだ残る昔の風景と自然。
島も・・・人も・・・猫も・・・ のんびりとゆっくりした時間を過ごしてます。

戦火を見てきた古い琉球赤瓦の家・・・・
その軒下で雨宿りしている猫を発見。

雨宿りのつもりが寝ちゃったみたいです。。。。
[PR]

# by masagenya | 2008-10-27 18:05 | 沖縄land
2008年 10月 26日
天然記念物の散歩道・・・・奈良公園
f0184766_13594373.jpg

小鹿・・・





f0184766_1405035.jpg

木漏れ日・・・





f0184766_1415356.jpg

朝露・・・




f0184766_1432371.jpg

水鏡・・・





f0184766_1435899.jpg

草原の鹿・・・






f0184766_144593.jpg

瞳・・・





先日まで、一週間ちょっと仕事で奈良に行ってました
ほとんど缶詰状態だったんですが、場所が奈良公園の近くだったので、時間が空くと散歩に出かけてました。

奈良の鹿を知らない人はいないぐらい有名で国の天然記念物です。
昔から当たり前にいつも居ましたが、散歩の道すがら出会うとやはり目が行ってしまいますね。
参道にいる鹿たちはかなり人慣れしすぎてて、修学旅行生や外国人から鹿せんべいをたくさんもらっていました。


広い境内の中にいる鹿は、近寄ってくることはないけれど、のんびりと大きな木の下で昼寝をしたり、自分たちの生活を守ってました。
でも鹿せんべいを出すと参道の鹿状態・・・・・  っていうか参道の鹿よりもしつこく着いてきます。
境内の中にもあちこちと芝の場所があってそれを食べてるみたいですが、やはりせんべいの方が旨いんでしょう。

また境内から出ると、かなり人を警戒する鹿もいて、小鹿を含めた家族で生活しているようでした。
池のほとりで休んでいるところをカメラ構えて近づいたら、中州の方にパッと逃げてしまい、
悪いことしたな~と思いながらも、水に写った姿を撮らせてもらいました。

広い草原があって、そこにはかなりの頭数が列を作ってやってきます。
みんなで固まって草をついばむ・・・・  
パッと見、ここは北海道か??と思う光景です・・・・・   鹿ですけどね・・・

散歩していろんな鹿を見てると、鹿にも縄張りがあって、それぞれに生活が違うんだな~
なんて、鹿社会を感じましたね。

いつもそこにいるありきたりな存在でしたが、出張の合間に良い息抜きをさせてもらいました。
[PR]

# by masagenya | 2008-10-26 14:18 | 風景
2008年 10月 24日
京都   ~春夏秋冬~ sanpo
f0184766_13552670.jpg

春・・・・





f0184766_1356769.jpg

夏・・・・





f0184766_13571040.jpg

秋・・・・





f0184766_13581390.jpg

冬・・・・









一年を通して京都方面によく足が向かいました
それまでは関西に住んでるのにあまり京都に行くことはなくて
ちょうど去年の今頃・・・
ふらっと出かけた京都は色づき始めていて、
独特の季節の移り変わりの空気を感じました
まるで身支度・・・お化粧をしはじめたような・・・
それなら装いの仕上がった京都を見てみたい!!!
京都の紅葉は鮮やかでした
鮮やかだけど傲慢さはなく、強調された色を調和する情緒が京都にはあり、
そこに魅かれたのかもしれません

それからチョクチョクと足が向くようになり、
冬の寒さの中にもポッと灯るような温かさを感じたり、
春には桜・・・
訪れる人それぞれが春を感じてるような雰囲気
夏の新緑・・・
山が活気づき、渓流の流れに癒される季節

そして一年が巡り 再び秋
今年も・・・
[PR]

# by masagenya | 2008-10-24 14:34 | 京都好き